下北沢の賃貸最新情報 0

下北沢でお部屋探しを始める前に♪~お部屋探し入門編~

お部屋探しを始める前に♪

~お部屋探し入門編~

失敗しないお部屋選びは事前準備が鍵!

 

       お引越しをしたい!けど実際どうしたらいいのかわからない….

            どうしたらいいの???

 

お部屋探しならウェルライフ!

                    ぼくにお任せを~♪♪♪  

お部屋選びのポイントはズバリ!3つの三本柱!!

  • 家賃の設定 ②エリアの設定 ③お部屋の好み

家賃の設定は収入の3分の1!

賃貸物件を探すには、まずは支払える家賃の上限を考えましょう。

家賃は毎月必ず発生する出費なので、ボーナス払いなどを当てにせず、無理なく支払える金額にしましょう。

年収

家賃の目安

300万

6.3万

400万

8.3万

500万

10.4万

600万

12.5万

700万

14.5万

800万

16.6万

900万

18.7万

一般的に、家賃の目安は収入に対して3分の1(約30%)とされています。近年では、収入の25%ほどまでに収めたほうが良いといわれることも多いようです。

 

無理ない家賃設定で

快適ライフ♪

 

初期費用って何がかかるの?

 そもそも初期費用とは…

礼金、敷金、仲介手数料、前家賃、火災保険料など。

一般的に「家賃の約6カ月分」が目安といわれています。

             

 内容を1つずつチェックしてみよう♪

  • 必ずかかるお金 敷金…家賃1か月分が目安。

契約期間を終えて物件を退去する際の原状回復費用に充てられます。

入居前にあらかじめ払っておく準備金のようなもの。

基本的には原状回復費用にかかった金額が差し引かれて戻ってきます。

礼金…家賃1か月分が目安。

物件を所有するオーナー様に対してお礼の意味として支払います。

敷金と違って、退去時に返金されることはありません。

最近では礼金なしの物件も増えてきています。

仲介手数料…家賃1か月分+消費税が目安。

物件の案内や契約手続きを行った不動産会社に払います。

法律で上限は「家賃の1か月分」と決められています。

火災保険料…単身で1.5万円~、カップルやファミリーで2万円程度。

  火災や水漏れトラブル等に備えて、損害補償に加入する必要があり、

  損害補償会社に支払います。

前家賃…家賃1か月分が目安。

入居する月の家賃を前払いで支払います。

月の途中で契約した場合は、当月分の日割り家賃と翌月分の前家賃を同時に支払う場合が多いです。

例えば、7月16日に契約し、翌日から入居するのであれば7月17日から月末までの日割り計算の家賃と8月分の前家賃を支払うことになります。

月末に賃貸契約をすると、当月分の日割り家賃を抑えることができるので、月末に引っ越しを希望する人が多い傾向があります。

前家賃には、共益費・管理費・駐車場なども含まれます。

また、物件によっては翌月の前家賃+翌々月の前家賃を請求するものもあります。

いつかは払うものを先に払っているだけなので、損をするわけではないですが、初期費用として準備金が多くなる場合があります。

ささまるポイント!!!

 
  • 初期費用の前家賃を抑えたい場合は… 

              月末にお引越しの予定を立てる!

              もしくは…

              フリーレント物件中心に部屋を探してみるのもひとつの方法です!

フリーレントは、一定期間の家賃が無料になる物件のこと。

無料となる期間は物件によって違いますが初期費用を抑えることができます★

  • その他の費用

保証料…家賃+共益費0.5カ月が目安。

家賃保証会社を利用する場合に支払うお金で、戻ってきません。

万が一、家賃を払えなくなった場合の備えになります。

連帯保証人がいれば不要なケースもあります。

他、鍵交換費用・害虫駆除代・事務手数料等物件によってかかってくる費用が異なります。

分からない項目がある時はSTAFFへお気軽にご確認を♪♪

ご契約前の概算見積もりもお気軽にお申し付けください!

住みたいエリアを決めよう!

家賃設定が決まり、予算が決まったらお部屋探しの第1ステップは完了★

次は大まかなエリアの選択をしましょう。

まずは沿線や駅を調べてみて、どんなエリアが候補になりそうか知るところから始める

職場や学校が決まっていれば、

その近隣またはその最寄り駅に通いやすい電車沿線を調べましょう。

○○沿線沿いの○○駅周辺といった絞り方をする方がスムーズです。

 

賃貸物件を探す際の条件として、重要な要素の1つが“通勤時間”です。

ここで言う通勤時間とは、家のドアを出てから学校や会社に入るまでの時間を表しています。

電車に乗っている時間だけでなく、最寄り駅までの徒歩時間、あるいはバスなどで向かう時間も含まれます。

では、理想的な通勤時間はどれ位なのでしょうか。
「統計情報リサーチ」東京都の平均通勤時間を参考に紹介していきます。

(参考:http://statresearch.jp/house/rent/commute_pref.html?pref=13)東京

(参考:http://statresearch.jp/house/rent/commute_pref.html?pref=11)埼玉

(参考:http://statresearch.jp/house/rent/commute_pref.html?pref=12)千葉

(参考:http://statresearch.jp/house/rent/commute_pref.html?pref=14)神奈川

 「統計情報リサーチ」からも分かるように4つの都県の平均通勤時間はすべて40分を

超えています。よくいろいろなところで「理想の通勤時間は35」であるといわれています。しかし実際には平均しても40分を超えており、長い人では1時間半以上かかっています。

このように、理想と現実の間には大きな隔たりがあります。

 

例えば、、、

通勤時間60分は往復で120分!!

週休2日で120分×5日間=600分!!

600分×4週間=2400分!!!(@_@;;;)

 

1ヵ月で40時間は通勤の移動の為だけに時間を費やしていることになります。

 

  • 通勤時間が長い・短いにおけるメリット・デメリット●

 

 
 

長 

 

 

通勤時間が     ◎長い通勤時間を資格取得などの勉強や、読書、スマホで

           ゲームや映画鑑賞など自分の時間に割り当てられる。

          ◎仕事とプライベートを分けやすい。 

          ◎カロリー消費をしやすい!

電車であれば、電車の中で立って揺られているときや

駅の階段を上り下りするときなど、カロリーを消費する機会が多くあります。

          ◎家賃を抑えられる!

           都心や人気スポットの家賃は高額である傾向が高く、郊外になるほど下がっていきます。

          ×通勤におけるストレスがかかる。

(満員電車や立ちっぱなし、遅延による到着時刻の変更等)

          ×終電を気にするようになる。郊外に出れば出るほど最終電車の時間も早くなります。

          ×風邪、インフルエンザになるリスクが高まる。

           気をつけていても、通勤中は沢山の人と同じ空間を共有します。

もちろん、通勤時間が長ければ長いほど、多くの人と。

 

通勤時間が ◎時間を節約できる!!1日の中で通勤時間に費やす時間がプライベートに使えるので、その時間を趣味やスポーツなどのストレス発散にする人が多いようです。

          ◎終電をきにする必要がない。例え、終電を逃してもタクシーの値段も

           許容範囲であったり徒歩や自転車で通勤・通学もできます。 

          ◎朝が苦手な人には非常にメリット!

通勤時間が短いと、朝早く起きなくて良いためゆっくり寝ることもできます。睡眠不足で体調不良になりやすい方などおすすめです!

          ×家賃が高い。。

           どうしても通勤時間が短くしたい場合は、都内の近場や郊外でも駅近くの物件になる為、家賃が高くなってしまいます。

          ×仕事とプラーベートの区別をつけずらい。

           職場に近いと仕事場の仲間と休日に遭遇したり、家と職場の往復だけになりがちで見る景色や出会う人々に変化が無くなってきます。

          ×自宅が繁華街の近くだと治安が気になる。。都心は繁華街が多いです。会社近くに住むと、自宅から繁華街までが近くなる場合があります。

そのため、深夜までやっているお店の明かりや騒音で寝にくかったり、不審者に用心しながら過ごす必要も出てきます。

 

  • まとめ●
    ・首都圏の通勤時間は全国トップ
    ・通勤時間を長くすると家賃が安くできる。
    ・通勤時間を短くすると家賃は高くなる。
    ・共働きの場合は片方に負担が偏らないようにするのがおすすめ★

ささまるポイント!!!

 

大切なのは、通勤時間のとらえ方なのではないでしょうか。
仕事に打ち込みたい!睡眠時間を確保したい!と考えれば、高くても職場に近い住居を選び、快適な住環境を選んで郊外に住むかはあなたの考え方次第です。
自分のライフスタイルに合わせて、通勤時間の長さを選択することはとても大切です。

どんなお部屋が好みですか?

お部屋探しを始めるにあたって、

「あんな部屋に住みたい」「こんな部屋に住みたい」といったような希望の条件が

たくさんあるかと思います。

  • こだわりポイント●

*物件の種類   *築年数     *バス・トイレ別

*階数      *フローリング     *収納

*ネット環境     *方位       *オートロック

 *リフォーム・リノベーション済み    …etc♪

ざっとあげただけでもこんなにたくさんのポイントがあります♪

✨人気のこだわり条件ランキング✨

バス・トイレ別      

やはり1番人気は『バス・トイレ別』!

・トイレットペーパーが濡れたり、床が濡れたりしない!
・ゆっくり湯船に浸かれる! …お風呂好きな日本人ならでは?♪

     2階以上

女性の方はこちらが必須条件の方も沢山いらっしゃいます!

・セキュリティー面で安心!  

室内洗濯機置き場

     こちらも人気!なかなか買い替える機会が少ない大型家電は長く使いたい♪

    ・室内なら雨や砂ぼこりの影響を受けないので長持ち利用!

 
   

 

 

自分に合わせたこだわりのポイントを考えていきましょう!!

来店前の 

情報収集が鍵!

 

情報を入手するにはいくつかの方法があります!

それぞれの探し方に特徴があるので、上手に使い分けていきましょう♪

 

  • 賃貸情報誌やフリーペーパーをCHECK!●

 最近はフリーの情報誌がたくさん出ているので入手は簡単♪

 駅やコンビニのフリーラックなどにある情報誌を眺めてみると

 大まかな相場であったり、

いろいろな沿線や駅の物件情報を把握することができます!

 

  • インターネットの賃貸情報サイトをCHECK!●

 情報誌と比較すると情報量は圧倒的に多いです!

 多くの物件の中から自分の条件に合った物件を絞り込む条件検索機能があり便利♪

 最近では最もよく利用されている探し方ではないでしょうか??

 お役立ち♪

参考サイト:https://www.athome.co.jp/chintai/ 【at home】

       https://suumo.jp/kanto/ 【SUUMO】

       https://www.homes.co.jp/chintai/tokyo/?lastpage=wwwtop 【HOME’S】

 

  • 店頭に直接行ってCHECK!●

 不動産屋は気軽に相談に行くだけでも大丈夫です!

不動産屋を利用した場合は、仲介してもらった賃貸契約が成立してはじめて仲介手数料が

発生するので、相談料などはかかりません♪

情報誌やインターネットで希望物件があれば、そちらを参考に探せるので事前に好みの

物件を用意しておくとご案内がスムーズです♪

不動産会社との会話術~ポイントは、「具体的」に「はっきり」と♪

希望の条件をできるだけ具体的に♪その中でも優先順位も伝えるようにすると、物件を紹介しやすくなります。また、なぜその条件を希望しているのか、理由も伝えて頂けると尚GOOD! 残念ながら、紹介された物件が希望に合わないとき。その具体的に理由を伝えることで、担当者も親身に考えてくれるようになります。「はい」「いいえ」をハッキリ伝えることと、迷っている場合には「どの点で迷っているか」を伝えることが何より重要です。

未公開物件とは!?

~未公開物件解説~

未公開物件(非公開物件ともいわれます) とは売主様や売却依頼を受けている不動産会社様の事情でインターネットでの一般公開を許可して貰えない物件情報のことです。

... 折込チラシ・広告等の媒体を主体としたものは、

問い合わせが少なくなり、インターネットを主体とした不動産会社が多くなりつつあるにも

かかわらず、ネット広告不可というわけです。

 

簡単にどのようなものが非公開物件かというと、

  • 動産屋専用の物件情報サイトには登録されているが、

ホームズやスーモなどの一般的な物件サイトには載っていない物件

 

②大家さんのさまざまな考えで、不動産屋専用の物件情報サイトにも登録していない物件

 

店頭に行かないと、その物件情報が見られない。

これが未公開物件です♪

 

良い物件探しは、

良い営業マンさがし。

「お部屋探しの会話が親戚と話しているようでした!」

こんな嬉しい口コミを頂きました♪

ウェルライフでは、お客様に安心してお部屋探しをして頂けるように、

お客様の立場に立ったご提案を心がけています!

ご希望の物件のメリットはもちろんデメリットもしっかりとお伝えさせて頂いております。

お客様に対し、自分の身内のように親身に寄り添い、何でもお話ができる!そんな関係性を

築きながらご入居前、

そしてご入居後も納得のいくお部屋探しを全力でサポートさせて頂きます!

 

安心・信頼できるスタッフに是非ご相談を!!

ウェルライフにお任せください♪

Copyright (C) 下北沢の賃貸専門店ウェルライフ All rights reserved.